真魔休日

『今日からマ王 眞マ国の休日』


RP啊RP 囧rrrz





e0042666_11422877.jpg




渋谷有利
ウェラー卿コンラート


第1幕 エピソード2 サクラ舞い散るこの庭で

コン:どうします?お花見、このまま続けましょうか?
○ でも、みんなのことも気になるな。
○ そうだな。お花見を続けるか。
● 花よりも、コンラッドを……。
有利:花より、コンラッド……。桜もいいけど……。舞い散る桜の中に佇むハリウァド俳優……みたいな男、も絵になるなあ。普段、魔族の超絶美形にまぎれてあまり意識してなかったけど。コンラッドも整った顔してるんだよ。鼻筋がスッと通ってて、目元も涼やかだし、瞳には銀の光が散ってて、すごく印象深いし。映画のオーディションとかに出たら、きっと脚本家が一番気に入る。審査員のコメントは、こうだ。彼の演技の裏側には「真実」ガ見えるから。こんな人が名付親だってのは、ちょっとした自慢だったりするけど、ただ……それだけじゃないんだよな。なつかしいっていうか……。安らぐっていうか……。なんだろ……?この感じ……。
有利:おれ、あんたとどっかで会ってるかな。
 コン:……いや。
コン:ユーリ?
有利:うわ!なに?
コン:それは俺の台詞ですよ。俺の顔を見たまま固まってるから、どうしたのかと。俺の顔に、何かついでます?花びら?木の葉?それとも、毛虫でも?
有利:ははは、毛虫は、まだ早いって。あれは葉桜になってからが本番。大量発生すんだよ。わ!冷たっ!
コン:あ。
有利:な、なんか背中にボタッて……。雨でも降ってきた?でも、晴れてるよな?あーでも、なんか背中を伝わってる……むしろこう、這ってる感じ……。……這って……る?
コン:陛下、申し上げにくいんですが……
有利:ま、まさか……いま、おれの背中に……
コン:ええ。毛虫らしきものが降下侵入しました。
有利:わわわわわっ!ちょ、ちょっとこら、毛虫!まだ時期が早いだろ、毛虫!出てこいって!中で潰れちゃったらどーすんだよ!そんな感触、知りたくないっつーかお互いにとって大惨事だろ?
コン:下から出せませんか。とりあえずシャツの層を出して……ああ、そんな無理に生地を引っ張ると、大惨事に。
有利:大惨事はイヤー!
コン:じゃあ、先に上着を脫いでください。服を強く押さえ過ぎないよう。慎重にボタンを外して。
有利:そ、そんな微妙な……こ、このっ……あああっ、て、手が震えて、ボタン外せないよっ。
コン:落ち着いて。俺が外すから。さ、手をどけて。大丈夫、俺に任せて。
有利:う、うん……
e0042666_3303020.jpg
コン:おかしいな。どこにもいない……。どこか、感じるところは?
有利:わ、わかんないよ。いいから早く……お願いっ……。
コン:せかさないで。ここかな。それとも……
有利:あっ……
コン:ここ?
有利:ち、違う……みたい……。
コン:それじゃ、こっちは?
有利:ひゃっ……。へ、変なトコ触んないで。
コン:やめていいの?
有利:やだよ、やめないで……
コン:それじゃ……いいね?
有利:うん……。
コン:あ、ちょっと待ってください。
有利:えっ?何?
コン:もしかして、下の方ですかね?
有利:下って……下ぁ!?えええーっ!?
コン:よしっ。ユーリ、ベルトも外しますよ!
有利:よしって!?いいです、こっちはいいデスー!
コン:でも、探さないと困るでしょう。毒を持ってるかも知れない。
有利:毒!?そ、そんな毛虫に刺されたら……どどど、どうなっちゃうんだ!?
コン:……立派になるかも。
有利:イヤーっ!そんあドーピングは嫌だー!
コン:じゃあ、やっばり下も脱がないと。ほぉらっ!
有利:や、やめてー!あーれーぇぇぇっ!!
[ヴォルフラム乱入中止]


第2幕 エピソード2 年の瀬は悪夢の調べ

コン:あれ、陛下?
有利:陛下って言うな、名付親。よかった。おれがわかるんだね。
コン:当たり前じゃないですか。何をおっしゃっているんです。いつもの、お可愛らしい陛下ですよ。
有利:酔ってるのかな……。顔を見る限りじゃ酔ってるようには見えないけど……。
コン:どうしました?そんなに俺の顔を見つめて……。俺に惚れたら怪我するぜ?
有利:やっばり酔ってるかな?うん、酔ってるな、これは……。しかも相当に……。コンラッドって、そんな酒に弱いってイメージじゃないもんな。すごいよ、アニシナさん……。えーと、気分はどう?コンラッド。
コン:なんだか、妙にすがすがしいんです。何も気にならなくなったというのか、どうでもよくなったというのか……。ぶっちゃけ、この国の未来とか、どうでもいいですよね?
有利:よくねー!!
コン:外交に不向きな無愛想な男とか、そもそも国政に不向きなわがまま男とか、趣味で暴走する公私混同男とか……。どうやってフォローすればいいんですかね?
有利:フォロー……してたんだ……。てっきり暖かく見守っているだけかと……。えーと……まさか、この事態は、日頃のストレスを発散……してるわけじゃないよね……?
コン:旅に出たくなりました。あなたの魂を抱いて地球を旅していたあの頃のように……。あの頃はいつもあなたの魂が側にいて、俺はどこにいても、一人でいても、寂しいことはなかった。
有利:今は……寂しいの?
コン:そう言ったら、どうします?
有利:どうって……。
コン:寂しいと言ったら、側にいてくれるんですか?ずっと、俺の側に……?
有利:それは……。
● 側にいるじゃないか。
○ 本当は、寂しかったんだ。
○ らしくないな……。
有利:今だて魂はいつも、近くにあると感じてるよ。だって、コンラッドはおれの名付親で……。生まれる前から、おれを見守ってくれて……。おれには特別な存在だよ。そうだろ?
コン:ユーリ……。あの頃……あなたの魂は、いつでも俺の胸のボケットにあった。ほら、こんな風に……。
e0042666_1142164.jpg
有利:ちょ、コンラッド……!
コン:あなたを胸に抱いて、二人だけで旅をしたい。ここを離れて、ずっと遠くへ……。
有利:そんなこと……。言うなよ、コンラッド……。いくら酔っているからって……。
コン:俺は酔ってませんよ。ほとんど飲んでません。
有利:いや、そうなんだろうけど、アニシナさんが……。ねえ、痛いよ。少し腕をゆるめて、コンラッド。
コン:誰にも邪魔されず、二人だけで旅ができれば、どんなに素晴らしいだろう……。グランドキャニオンの夕陽、夜空に広がるオーロラ、地平線まで続く大陸の草原……。
有利:コンラッド……。
コン:浅草寺の雷門、東京タワー、二条城、清水寺……。
有利:え?
コン:安芸の富島、日光東照宮、奈良公園の鹿……。
有利:修学旅行かよ!?しかも、ちょっと古いチョイスだよ!
コン:先生、佐藤くんがいません!バスの中では一緒だったんです、間違いないです!
有利:誰だよ、佐藤くんって!?つーか、しっかりして!コンラッド、しっかりして!
コン:きっと八坂神社ではぐれたんだ!稚児行列に巻き込まれたのかも!?佐藤くん、ちっちゃいから!
有利:やってないから!今、祇園祭やってないから!しっかり!コンラッド!
[ヴォルフラム乱入中止]


第3幕 エピソード2 天下無双の舞人祭!

e0042666_331443.jpg
有利:ちょ、だ、誰?おれの手を取っているのは誰?
コン:陛下。
有利:その声……。コンラッド……?
コン:はい。無事一緒になれてよかった。
有利:よかったー。あの騒ぎだったから、知らない人の手を握っちゃったかと思ったよ……。あんたがパートナーで、嬉しいよ。
コン:俺もですよ、ユーリ。
有利:ところで……。ここ、どこ?
コン:城内の廊下ですね。どうしますか?
有利:どうしますって?
コン:出場札を探し出して、天下一舞踏会で優勝を目指すもよし……。それとも……このままパーティが終わるまで、二人だけで過ごしますか?
有利:え、でも……。
コン:若い貴族はやっきになっていますが。多くは高みの見物を決め込んでいますよ。そして、恋人との一夜を過ごす者もいる……。
有利:…………。
コン:誰も俺たちが組になったことを知らない。二人で会場から消えたことも。
有利:…………。
コン:俺の部屋に行きますか?それとも、あなたの部屋?
有利:それって……。
● まさか……コンラッド……。
○ 棄權はしたくないな。
○ 婚約者のいる身ですから!
有利:冗談……だよね?
コン:冗談じゃないって、言ったら……?
有利:いや、その……なんだ。なんというか、その……。
コン:どうしました?顔、赤いですよ?
[ヴォルフラム乱入中止]


第4幕 エピソード3 君よ憤怒の剣を抜け!

コン:こんなことが真王のご意思だと!?俺は逃げるかもしれません。貴方がたの予想と期待を裏切って、これを抱けえて逃げるかもしれませんよ。或いは……瓶を岩に叩きつけ、揺らめく光を取り出して、俺の望みの者に与えることも出来る。そして、その子供を思う通りに育て上げ、魔王としての絶大な力を揮って、この国を覆すことも不可能じゃない!それでも俺にこの役割を与えるというのか。何故、俺が行かなくてはならないんだ。苦しむことは、判っているのに……。ジュリア……!
コン:……どうしたんですか……どうしたんですか、ユーリ?しっかりしてください。
有利:あ……コンラッド……。
コン:よかった。目が覚めましたね。うなされてるみたいだったから。ちょっと心配になって。大丈夫ですか?
有利:泣いて……ないよな?
コン:ええ。だがら、泣いていますよ、あなたが。
有利:えっ?あ……ホントだ、なんか目が濡れて……やだな、寝起きだから。
コン:……。どうやら、大丈夫そうですね。悪い夢でも見た?
有利:いや、よく覚えてない……でも、感覚が……。胸が苦しくて……。震えてて、それで……可哀想で……。
コン:……ユーリ?
有利:コンラッド、怒っても……ないよね?
コン:えっ……?どうしたんです、一体?ああ、あの話の続き?そういえば、お部屋に戻った後もご活躍だったみたいですね。
有利:あ。えっと……聞いちゃった?
コン:ええ。なんでも、俺を陥れるために、結構な悪戯をなさったとか。
有利:あーはは……。見事に失敗したけどね。いいんだ……。さすがにもう懲りたよ。みんなに迷惑かけるだけだし。
コン:おや?やめちゃうんですか?おったいない。俺も、ユーリに悪戯されてみたかったんだけどな。
有利:なに言ってんだよ?どうせまた、あんたは、軽くあしらうんだろ?
コン:とんでもない。重要なポイントさえ押さえれば、俺を怒らせるのなんて簡単ですよ。
有利:うっそだぁ。おれ、全部失敗したのに?
コン:まあ、ユーリの悪口や悪戯では……失礼ながら、あなたの可愛らしさが増すばかりで。
有利:だ、だから、可愛いとか言うな。
コン:ははっ……。申し訳ありません。でも、そんなあなただけが、俺を怒らせることができるんですよ。
有利:へ?
コン:俺を怒らすことができるのは、ユーリだけです。ユーリを傷つけるものを、俺は許さない。たとえ誰であろうと……。ユーリの心や体を悪しませたり痛ませたりするものを、俺は許さない。怒りをもって立ち向かう。
有利:コンラッド……?
コン:俺が怒るのは、そういう時だけです。だから、俺を怒らすことができるのは、ユーリだけなんですよ。誰だって大切な人を傷つけられたら、怒るに決まってるでしょう?
有利:大切な人って……おれってこと?
コン:こんなことが真王のご意思だと!?
有利:でも、それはおれが魔王だからだろ。
コン:違います。
有利:だったら……
コン:何故、俺が行かなくてはならないんだ。苦しむことは、判っているのに……。
有利:だったら、さ……。
コン:だったら?
コン:ジュリア……!
有利:おれが……おれの魂が、ジュリアさんの……だから?
コン:え?
e0042666_11414931.jpg
有利:そうだよ、ジュリアさんだから……。だからコンラッドは、おれを大切にしてくれる。だって、コンラッドの大切な人は、渋谷有利ではなく、フォンウィンコット卿スザナ·ジュリアだ!
コン:ユーリ!
有利:コンラッドが見てるのはおれじゃなくて、おれの中にいるジュリアさんを……
コン:そうじゃない、それは違う!!
有利:…………。ホントだ、やっと怒った。
コン:は……?
有利:あはっ……ごめん、ごめん。でも、そっか。やっば、兄弟だよな。そうやって怒った顔すると、ヴォルフやグウェンとよく似てる。その顔……その顔が見たかったんだよ。
コン:ユーリ……。
有利:そんな情けない顔すんなよ。悪かったって。でも、コンラッドも悪いんだからな。いつも余裕たっぶりで、なんか、おればっか見すかされてる気がしてさ……。でも、ジュリアさんか……。会ってみたかったな。前世がどうとかってのは、正直、よくわかんないけどね。だって、おれは結局、渋谷有利だもん。十六になる直前まで、地球の日本で高校生やってた、ただの野球小僧の渋谷有利だ。そんな渋谷有利として、ジュリアさんって人に会ってみたいだけ。それだけだよ。前世も何も関係ない。
コン:ユーリ……。
有利:だからまあ、今回は、おれのが一枚上手だったってことで!たまにはいいだろ?
コン:……参りました。さすがは、魔王陛下です。
有利:へへへ……。代打逆転サヨナラホームランだね。打ったことないけど。
コン:俺の魔王陛下は、ハートが強くて本当に素晴らしい。そんなところ、とても好きですよ。
有利:おれの、好…… う、うるさぁい!だから、簡単に、おれのーとか、好きーとか、可愛いとか言うなー!
コン:どうして怒るんです?そこ、怒るとこじゃないですよ。それに今回は、可愛いとも言ってないのに。
有利:と、とにかく禁止!禁止なの!
コン:はいはい。それにしても、ユーリを怒らせることは、本当にちょろいんですけどね……。
有利:ちょろい言うなぁー!


第5幕 ゆらめく時の狭間に

有利:うー。カビくさい。そろそろ虫干しとか必要だよな。コンラッド!いるか~? とっ!?やべっ!滑った~っ!あー!……!って……。あれ?
e0042666_11421289.jpg
コン:大丈夫ですか?
有利:ちょ、コンラッド!?そんな、いきなり……
コン:いきなり?
有利:いや、あの……おれ……えーと……お、おひさしぶりっす……。
コン:お怪我がなくて何よりです。
有利:宝物庫で何やってんの?
コン:ちょっと……探し物を。
有利:探し物って、お宝?掘り出し物?鑑定団、呼んでこよっか?
コン:いえ。あくまで、私的な思い出の品なので。
有利:思い出……。そうだよな……。コンラッドたち魔族は、とても長い時を生きてるんだよな。ふだん忘れてるけど、おれの知らない時間がたくさんあるってことだよな……。
コン:陛下?
有利:あ……あは、あははは。違う、違うよー。おれ、別にその……全然、気にしてなんか……
[ヴォルフラム乱入中止]


コンラッドED

コン:すみません、陛下。元はと言えば、俺とヴォルフラムのせいで……。
有利:謝らないでくれよ、コンラッド。誰も悪くないんだから。そう。いつだって、誰も悪くない。お前は、もっと悪くない! なっ、コンラッド?
コン:はあ……?ありがとう……ございます。
有利:ふあ~あ。さすがに疲れたな。
コン:お部屋は整えてありますよ。どうぞ、ごゆっくり、お休みください。
有利:うん、ありがと。
コン:そうだ。大切なことを言い忘れていました。
有利:なに?
e0042666_11413617.jpg
コン:おかえりなさい、陛下。
[PR]
by cantorei | 2007-12-27 09:29 | 遊吟_Game&Music

放置PLAY


by cantorei